私の職業奉仕

私の職業奉仕(鹿児島南RC・玉利 佳久)

私の会社はアパレル総合卸売業を営んでいます。昭和24年鹿児島市中町で創業し、今年で創業69年になります。父の後継者として入社しました。現在東京・熊本・宮崎の3営業所を含め、地方小売店や量販店・専門店にグンゼ製品・紳士・婦人・雑貨を中心にアパレル商品を販売しています。最近は小売店の経営者も高齢化が進み、後継者不足でやむなく廃業が増えてきました。そして小売店さんを取り巻く環境も高齢化や人口減少が進み、...

私の職業奉仕(鹿児島南RC・今村 正人)

大学を卒業して1年間の実地修錬の後、大学小児科学教室に入局、小児科医師としての道を歩き始める。先輩医師の指導の下、小児患者に必死に向き合い格闘した時代、朝早くから夜遅くまでの生活であった。与えられたこと、目の前の患児の診断・治療に緊張感は高まっていた。回復して退院していく患児がある一方で、残念な結果になる患児に肩を落とすことも稀ではなかった。今振り返ると「職業奉仕」を意識することなどなく、ただがむ...

私の職業奉仕(鹿児島西南RC・桒畑 茂隆)

日本茶の消費の要である急須での淹れ方は、平成27年総務省家計調査では、20歳代、30歳代では年間1000円以下であり、60歳代の4934円、70歳代の6838円に比べて、著しく低い状況にあります。一方ペットボトル等の緑茶の飲料は、世代によっての金額の差はなく、お茶の消費の仕方が、急須ではなくペットボトルなどの飲料に変わりつつあります。その理由として、全国各地でのアンケート調査では、急須で淹れるのは...

私の職業奉仕(鹿児島中央RC・田中 和俊)

 今年度の我がクラブでの職業奉仕フォーラムで、職業奉仕とはなにかについて考えてみました。大重ガバナーのアドレスを引用させていただくと、職業奉仕とは「社会奉仕が社会への奉仕であるように、職業への奉仕であり、職業を通じての奉仕ではない」ということであります。一生懸命働いて、社会貢献するだけでは、職業奉仕とは言えないことになります。では職業奉仕とは何か?そのあたりを考えてみます。  アーサー・フレデリ...

私の職業奉仕(鹿児島東南RC・中馬 敏之)

ロータリーの目的は、職業を通して社会の様々なニーズを満たすことであり、職業奉仕は、職業を通して社会のニーズを満たすよう努力を重ね、それによって自己の職業の品位と道徳水準を高めていくことをいうとされています。 ロータリーは、単なる奉仕団体ではなく職業を通して社会に奉仕する団体ですから、自己の職業が基本にあり、利益を追求し自己の職業を継続的に存続させていくなかで、同時に人の為に奉仕する心を持って職業...